~超魔王~ヴラド戦記   【魂救者 リミット=ビーンズ】【霊獣 夢見】
現在の閲覧者数:
2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト 

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【Edit】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

【魂救者 リミット=ビーンズ】【霊獣 夢見】 

2007.10.24 (Wed)
【行くぞ!夢】
【わわわわわ・・・待ってくださぃ~】

街道を行く人影がある。彼の名前は、リミット=ビーンズ
背後に浮遊している少女と一緒に鬼剣士を救うたびをしている者だ。



カザン症候群が広く剣士の世界に広まり
それを克服する者、受け入れる者、新たな力を手に入れる者が現れた時代に
リミット=ビーンズは生まれた。
延命の技術は、剣士の一族によって開発が進んでいたが
まだまだカザン症候群による被害は剣士の一族を圧迫していた。

当時25歳であった、リミット=ビーンズは、カザン症候群の研究を行っている機関に所属していた。
彼自身は、剣士の一族ではなかったがその研究に没頭していた。

ある年に、別機関が、魔族から得た知識を解明し
悪魔の力を得た人間を作る事に成功した。

そしてそれと同時期に鬼剣士の中ではめずらしい少女が
研究対象として運ばれてきた。
昨今、うだつの上がらない研究成果に
リミット=ビーンズは、階級を下げられその少女の世話係をさせられていた。
満足に貰えない研究費用では、これ以上の成果は見込めないが
好奇心と、探究心だけは、まだ心に眠っていた。

少女の研究所での生活は、規制されており自由もままならなかった。
それでも笑顔を絶やさない少女と少女の放った
「う~ん。確かに怖かったり痛かったりいっぱいだけどみんなが笑って欲しいんだ。」

と言う言葉にいつしかリミット=ビーンズに
恋心とも、親心とも言える不思議な感情が芽生えていた。
そんな生活が2年続いた。



平穏な生活を破るように審判の日はやって来る。
【鬼の手の発動】

少女の左腕は黒く変色し黒いオーラを発している。
そう今日は、少女の20の誕生日
鬼の日

危険な状態に研究員達は退避を始める。
少女もみんなを傷つけるくらいならと鋼鉄の扉の奥に入っていく。

リミット=ビーンズは、考える
正しくは、考えて等いなかったのかもしれない。考えたくなかったのだ。
もはや少女はリミット=ビーンズにとってはいなくてはならない存在・・・。失うならば・・・。

変わり果てた少女の前に立っていた、リミット=ビーンズが無心で発した言葉

「君を失うのは耐えられない。だけど殺すよ。君を。サヨナラだけどずっと一緒だ・・・。」

変わり果てた少女は、静かに頷く。

引き金を静かに引くと銃声が部屋に響き渡った後沈黙と静寂が流れる・・・。
リミット=ビーンズはただただ静かに変わり果てた少女の亡骸を見つめていた。

数時間・・・時間の感覚等ない。
1分かもしれないし、1時間もしれない静寂の後少女の体に異変が起きる。

変わり果てた少女の亡骸が白い光に包まれていく。
次第に少女の体は元の綺麗な少女の姿に戻る。

皮肉だが、これがカザン症候群の治療法であった。
鬼と化した者は、死によって、人に戻る。

少女の亡骸を抱えリミット=ビーンズは、泣き叫ぶ。
光に包まれて行く少女の顔が笑ったように見えた。
いつもと変わらない笑顔のように。
光となった少女がリミット=ビーンズの体に吸い込まれていく。

光に包まれる中
確かにリミット=ビーンズは声を聞いた。

「これでいつも一緒だね~今度は私が、あなたを助ける番だね。」

静かにリミット=ビーンズは頷き立ち上がる。

「行こうか、【夢】俺達を待ってる人がいる。」



--------------------------------------------------------

作風を変えてみた。
二人同時紹介は難しいなあ

最初 リミット=ビーンズを全部まめたんに
してたんだがギャグになったからやめたww
リミットだとあんま誰かわかんねーし
かと言って英語表記にするとわけわからんから

豆=ビーンズにした。

もっとアイスウェーブとか夢氏に撃たせて
サヤになっていく過程をかけばよかったな。
と後悔
スポンサーサイト
【Edit】 |  17:58 |  ヴラド戦記登場人物図鑑  | TB(0)  | CM(3) | Top↑

Comment

ちなみに
最後殺される前の夢見氏はアレックスっぽくなってます。
昨日アレックスにHSを撃って思いついたネタでしたまる
超筆者 ナオ・ヴラド |  2007.10.24(水) 18:02 | URL | 【Edit】
檻の隅のほうから窓の外を眺めていた彼女は、次のUpdateでキューブが必要な存在へと変貌する。
俺はたった20秒間の出会いのために今日も透明な欠片を求め続ける。
あはは  なんという麻薬のような奴なのだ。
Limt |  2007.10.24(水) 21:26 | URL | 【Edit】
コメントが遅くなって申しわけないのです(ノд<。)゜。

ってか素敵なお話すぎて鼻汁がとまりません。
むしろ夢汁がとまりません。

閣下ありがとーー!
もう一生閣下の下っ端としてついてくじぇー!
夢見。 |  2007.11.06(火) 12:21 | URL | 【Edit】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。