~超魔王~ヴラド戦記   2008年05月
現在の閲覧者数:
2008年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト 

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【Edit】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

15話 陰謀 

2008.05.10 (Sat)
「やばい緊張してきた!」

「今更何言ってんだよ。」

少し震えるゴッサムに笑いながら刹那はそう言った。

ゴッサムと刹那は、オーディション会場の舞台裏にいた。

オーディションと言っても今回のオーディションは
審査する人間数人の前で歌を披露したりダンスを披露するものではない。
オーディション会場は、学園の校庭を使い設立された
いわばライブ会場つまり観客の前で歌い、踊り
観客に投票で審査してもらうと言うものだ。

今回は、前年の2倍の来場者数でおおよそ6000人の観客で
会場は埋まりつくしていた。
オーディションが始まる前から、ざわめきが聞こえる。

少し時間が経った後

舞台の照明が落ちスポットライトが、点く

主催者であるエーリンが、舞台奈落から登場した。

「皆様、本日はお集まり頂きありがとうございます。未来の歌姫達をどうぞ応援し、この会場を熱気でもっと包んでください」

開会の挨拶と共に会場は波のようなざわめきで埋め尽くされる。

証明が一旦落ち

舞台に蝶もスポットライトが光る
それと同時に現れる少女。

会場は、今にも破裂しそうな状態になる。

夢見が登場した。


舞台裏に居た刹那とゴッサムもそれに気づく。

「夢ちゃんだ!」

ゴッサムはそう言い舞台が見える位置まで駆けていく

「おいおい・・・緊張してたんじゃねーのかよ・・」

刹那もそう呟き追いかける。


会場では、夢見が軽く挨拶した後
自分のデヴューの曲を歌い始めた。


観客の中には夢見を目当ての客も多数おり
会場は、もはや熱気が爆発していた。


はしゃぐゴッサムをよそに綺華は以外にもおちつき
化粧を直していた。



-舞台裏 主催者室-


「予想通りの反応だな・・・。」

エーリンは、深い椅子に座り窓越しから会場を覗きそう呟いた。

「まだ早いとは思うが、これで良いのだろう?」

エーリンがそう呟くと


エリーンの後部の空間が揺らめき少年が現れる。

「早くはないよ。遅すぎたくらいさ。この世界は、間違っているからね。」


緑色の長い髪を後ろで束ね

口元に
怪しい笑みを浮かべた少年は、そう呟きながら
赤い瞳を揺らめかせる。
スポンサーサイト
【Edit】 |  11:19 |  ヴラド戦記~刹那の風  | TB(1)  | CM(8) | Top↑

※お詫び 

2008.05.07 (Wed)
作者取材(笑)のため休止していました。
アラドSNS関係者
GREE関係者
他RSからの愛読者様にはご迷惑をおかけしています。
今週から再開したいと思います。

賛否両論あるとおもいますが
長い目で見守ってやってくださいませ。

この先の展開は大幅に変えましたので
少し時間かかってました。ですがようやく糸口が見えてきましたのでw
【Edit】 |  12:08 |  未分類  | TB(1)  | CM(5) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。